1/80 73形新製初期車及び70形上まわりキット詳細


戦後新製初期車(S27年度車)は63形改造の73形基本設計を受け継いだグループです。
今回、S27年度車[モハ72500-512][クハ79300-314]の2種、モハ70043-048を受注生産にて発売いたします。
また、S28年度試作車で前面窓部分傾斜5度とした[クハ79350,352]を5両のみ生産いたします。
[クハ79350,352]は予定数に達し次第、予約受付を終了いたしますのでご注意ください。
11月26日 [クハ79350,352]は予定数に達しました。
ありがとうございました。

☆63改73形上まわりキット同様に各タイプ戸袋窓部分の側板を取り付ける仕様です。
☆客窓は下段窓レール別貼りによる3ピース構造で複雑な段差を的確に表現しています。
☆三段戸袋窓が客窓より浅い位置にあるのもしっかりと再現しています。
☆床板止め板の取付位置(車体裾からの深さ)は床板止め板の使い方で6種類選択出来ます。

モハ72500-512について


63改73形と同じで登場時は戸袋部分が三段窓枠でした。
モハ72500-512は後の更新で戸袋部分がHゴム化した車輌が登場しています。
アコモ更新は無く、客窓は三段のままでした。

◇17-A モハ72500-512 三段原型 24,150円(税込)
◇17-B モハ72500-512 戸袋窓更新Hゴム特大 24,150円(税込)
◇17-C モハ72500-512 戸袋窓更新凹Hゴム大 24,150円(税込)
◇17-D モハ72500-512 戸袋窓更新凹Hゴム 24,150円(税込)


M72500-512


クハ79300-314について


クハ79は戦後新製初期車(S27年度車)とそれ以降では乗務員扉位置が違い、後者は100mm後へ移動しています。
登場時は戸袋部分は三段窓枠、前面三窓木枠でした。
後年の前面窓Hゴム化改造及びアコモA・アコモB更新後の全車(クハ79314除く)が再現出来るようになっています。
特に晩年広島地区で活躍したクハ79308,クハ79312は便所取付後の側板が初めから同梱しています。
※便所部の側板は便所窓枠部分を改良し、窓枠部分がより側板ツラに近いようになりました。
※実質特定番号車となっておりますが、客側引戸は全て同じ物が同梱されます。
より実物を模写するには別売パーツをご利用ください。

同時に前回発売したS28〜S30年度車用の前面2種もオプションパーツとして発売いたします。

◇18-A クハ79300-314 三段原型 [製造時] 26,250円(税込)
◇18-B クハ79300,302 三段原型 26,250円(税込)
◇18-C クハ79304 三段原型 26,250円(税込)
◇18-D クハ79306 三段原型 26,250円(税込)
◇18-E クハ79310 アコモA 26,250円(税込)
◇18-F クハ79308 アコモB 26,250円(税込)
◇18-G クハ79312 アコモB 26,250円(税込)
 ■クハ79314用前面は後日別売予定
◇19 クハ79350,352 前面傾斜5度試作車 27,300円(税込)

《オプションパーツ》
◇E73-39 前面59F(クハ79318,320,338,344等) 630円(税込)
◇E73-40 前面61F(クハ79328,342等) 630円(税込)
上記2点は極少量生産です。品切れの際はご了承ください。

Tc79300-314


モハ70043-048について


モハ70043-048はS27年度車で全車横須賀線へ新製配置されました。
このグループは73形と筐体が共通設計となっており、屋根Rも同年度製73形と同じです。
前回のモハ70053-074も共通設計だった為に同時発売となりました。
妻面のヨロイ戸型の通風器は無くなり、1-2位側(パンタ側)妻板は窓が無くなりました。
戸袋窓も木枠はこのグループが最後で、次ぎのグループからHゴムに変更されました。

モハ70047は仙石線へ転属後に東海型通風器装備となり、長野へ転属しても最後まで通風器はそのままでした。

◇20 モハ70043-048 24,150円(税込)

M72500-512