マニ35(スハニ31改) 改造両数18
改造担当工場は土崎工場2両、多度津工場10両、幡生工場3両、小倉工場3両です。
マニ35(スハニ31改)
18両のうち、2両だけ窓数の少ない変形車があるようですが詳細は不明です。
細かいことですが裾リベットが1列のものと2列のものがあります。
2007、2009は1位2位側にはしごが設置されているのを確認しました。
また、2010、11、2014〜2016は1位2位側の元トイレ窓が1位(元客室)側に10cm寄っています。
このグループは昭和13年以降製造の元スハニ31です。
昭和13年以降製造のスハニ31(元スハニ35721〜35727)はトイレ窓が設計変更によって前述の通りとなりました。
厳密に言うと2010、11はスハニ31改番前にスハニ35724、35725からスハユ35307、35308(改番後スハユ30 8、9)となっており、マニ35改造時はスハユ30からの改造です。

2006は更新修繕で消えてしまったのか側面にリベットが全くないように見えます。
裾リベット2列のものは、スハニ31 21〜27からの改造車と推測されます。該当するのは2001、2007、2009、12、17、20(2001、2007、2009確認済)
標準車
マニ35(スハニ31改)標準車
サイトマップ | © since 2003 Koubouhiro