客車用妻板


市販のキットは量産化の為、共通部品になっていることが多いですね。
例えば合造車は固定窓と外側の間が300mm・緩急車は固定窓と外側の間が250mmです。
たった50mmの違いですが、比べてみると結構目立ちます。
また、ステップを取り付ける等ディテールアップするときの穴あけの位置決めは結構面倒ですね。それに製造所銘板の位置決めも結構大変です。
特製妻板は裏側にステップ穴用のポンチ穴を開けており、表側には製造所銘板用のくぼみもつけました。
洋白エッチング製の製造所銘板も付属しております。
屋根のカーブはFUJIモデルのキットに合わせてありますので大きな加工をする必要はありません。


ご注意:キットのロットによっては屋根のカーブが合わないものもありますのでご注意ください。
客車用妻板

No.0200 オハフ61(昭和25年製)妻板セット
No.0201 緩急車妻板セット
No.0202 合造車妻板セット
No.0203 オハニ61(初期車)妻板セット
No.0204 妻板セット
No.0205 荷物車妻板セット(窓有)
No.0206 荷物車妻板セット(窓無)
No.0207 荷物車妻板セット(窓無・ステップ縦)
No.0210 緩急車化改造妻板セット
No.0211 郵便車妻板セット
サイトマップ | © since 2003 Koubouhiro